戒律を支えた
祖師たち

飛鳥時代

鑑真
鑑真がんじん【688~763】
すべてはこの高僧からはじまった。
本場の一流人物が、地位を棄てて、日本へ伝道。
飛鳥時代 律宗

奈良時代

最澄さいちょう【767、⼀説766〜822】
「守られなければ意味がない」。
戒律思想の発想転換。
奈良時代 天台宗

平安時代

空海
空海くうかい【774~835】
「密教でも戒律は守ってこそ」。
本場インドへのまなざしを用意。
平安時代 真言宗
法然ほうねん【1133~1212】
実は授戒の専門家。
「念仏だけで救われるけど、生き方の指針である【戒】はあり」
平安時代 浄土宗
俊芿
俊芿しゅんじょう【1166~1227】
「日本では無理。やはり本場で学ばないと」。
33歳にして中国・南宋に渡った学究の徒。
平安時代 真言宗泉涌寺派
親鸞しんらん【1173~1263】
「こんな世の中だからこそ」。
現世を見据えた肉食妻帯の決意。
平安時代 浄土真宗

鎌倉時代

覚盛
覚盛かくじょう【1194~1249】
「鑑真の再来」。蚊も殺さない人格者。
鎌倉時代 律宗
道元どうげん【1200~1253】
「持戒梵行は、すなわち禅門の規矩なり」。
戒律は基本の基。
鎌倉時代 曹洞宗
叡尊
叡尊えいそん【1201~1290】
弟子沢山の大社会福祉事業家。
諡号は興正菩薩。偉大なるフェミニスト。
鎌倉時代 真言律宗
忍性にんしょう【1217~1303】
社会福祉事業遂行能力は師・叡尊以上。
叡尊いわく、「慈悲ガ過ギタ」。
鎌倉時代 真言律宗
日蓮にちれん【1222~1282】
「末法無戒」。法華経信仰こそが唯一の戒。
「細かいことはいいんだよ」
鎌倉時代 日蓮諸宗
凝然ぎょうねん【1240~1321】
現代でも通用する仏教史概説『八宗綱要』の著者。知る人ぞ知る大学者。
鎌倉時代 華厳宗

桃山時代

明忍
明忍みょうにん【1576~1610】
近世の戒律復興はこの高僧から。
中国に渡ろうとして夢果たせず、道中の対馬で病没。
桃山時代 真言宗

江戸時代

慈雲
慈雲じうん【1718~1805】
サンスクリットまで学んだ本格派。大坂商人のバイブルの著者。
「片手にそろばん、片手に十善法語」
江戸時代 真言宗