アイスリングSUO18℃28℃の違いは?類似商品との比較も調査!

夏の暑い時期に活躍するアイスリングが人気を集めています。

なかでもSUO(スオ)のアイスリングはサイズやカラーも豊富で話題になっていますよね!

SUOのアイスリングは18℃と28℃の商品がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

また、SUOのアイスリング以外にも類似品が沢山ありますよね。

どんな違いがあるのか調査してみました。

この記事を読まれている方はこのような疑問をお持ちではないでしょうか。

アイスリングSUOの18℃と28℃は何が違う?
SUOの類似品との違いは?

この記事を読むことで以下のことがわかります
  • アイスリングSUO18℃と28℃の違いについて
  • アイスリングSUOの類似品との比較
目次

アイスリングSUOが大人気

アイスリングSUOが話題になっていますね。

豊富なサイズ展開やカラーやデザインも可愛いと注目を集めています。

店舗では売り切れ続出だったり、オンラインショップも注文が殺到するほどの人気なんですよ!

【SUOアイスリングの特徴】

・18℃/28℃以下で自然凍結

・冷凍庫で約10分、冷蔵庫で約15分で固体化

・繰り返し使用できる

・適度な冷却が持続

首にかけるだけでお手軽に暑さ対策ができますし、繰り返し使えるのも経済的でいいですよね♪

また、SUOのアイスリングは国内特許を取得しているんです。

国際基準での自然由来の材料を使用

植物性の自然抽出物から得たBIO材料のみを使用

環境にも人体にも優しいPCM素材を使用しているので、お子様の使用にも安心ですよね(^^♪

冷却素材であるPCM素材など詳しい仕組みについては別記事にておまとめしています♪

アイスリングが購入できる店舗情報などの関連記事はこちらから♪

18℃と28℃の違いとは

アイスリングSUOには、18℃と28℃の商品があります。

この2つにはどのような違いがあるのか見ていきたいと思います。

凍結温度

凍結する温度がそれぞれで異なっています。

18℃ ICEアイスリング…18℃以下
28℃ ICEアイスリング…28℃以下

10℃の温度差はけっこう大きいですよね!

真夏の外出時は、18℃以下の環境はなかなかないので、持ち運びには28℃のアイスリングがいいかもしれません。

冷えの感じ方

首に装着して使用する時の冷たさの感じ方が違うようです。

18℃ ICEアイスリング…しっかりと冷たさが感じられる

28℃ ICEアイスリング…じんわりの心地よい冷たさ

18℃アイスリングの方は28℃アイスリングと比較すると3℃~6℃低いようです。

冷たさは外気温度20℃~40℃で約1~2時間保つことができ、どちらも違いはありません。

しかし、18℃アイスリングの方が冷えの感じ方が強い為、冷却維持時間が短く感じることっがあるそうです。

結露の有無

SUOのアイスリングは結露がないということでしたが、18℃アイスリングは外気温差が大きくなるため、最初は多少の結露が出てしまうそうなんです。

18℃ ICEアイスリング…多少の結露がある
28℃ ICEアイスリング…結露が出にくい

 使用する前に結露を拭いておくと、あとは快適に使えるそうですよ(^^

シーンによって使い分け

アイスリングの凍結時間や冷たさの感じ方が違うので、使用するシーンによって使い分けをするのがいいと思います。

【18℃アイスリング】
・早くクールダウンしたいとき
・室内での利用
・熱が出たとき
…など

【28℃アイスリング】
・夏のお出かけ時に
・心地よい冷たさを感じたい
・冷たさを長く感じたい
…など

冷たいのが好きという方や、冷えすぎない方がいいという方など、それぞれの好みに合わせて使うのもいいですね♪

SUOと類似品の比較検証

SUOだけでなく他のメーカーからも沢山のアイスリングが販売されていますが、どんな違いがあるのでしょうか。

アイスリングに使われているPCM素材はどの商品も同じようですが、SUOは国内特許を取得しており自然由来の材料を使用しているとしています。

今回はネットで人気のあったLa Chou Chou(ラシュシュ)とプチプラのダイソーで比較してみました。

メーカーSUOLa Chou Chouダイソー
凍結温度28℃/
18℃
以下
28℃/
24℃/
18℃
以下
24℃
以下
冷却時間(冷凍)約10分約5分約20分
サイズS~LXXS~Lフリー
価格3,520円2,480円1,100円

ダイソーのアイスリングは、サイズもデザインもひとつしかないようです。

SUOとLa Chou Chouはカラーやデザインも豊富にありましたよ。

また、サイズ展開があると自分の首にフィットするアイスリングを選べるのが利点ですよね(^^♪

【SUOと類似品の違い】
・冷却時間
・価格
・サイズ展開
・カラーやデザイン性

価格帯やデザイン性などの違いはありますが、大きく異なる点はなさそうです!

SUOと類似品の両方を使ってみた方の口コミはこちらです。

「SUOと比較しても問題なし」
「100均でもSUOと同じような使い心地」
「使用感に大差はなかった」

SUOも類似品も特に使用感は変わらないという意見がありました。

通販だとまだ購入できるショップがあるかもしれないですし、レビューなどを参考に購入してみてもいいかもしれません♪

まとめ

アイスリングSUOの18℃と28℃の違いや、類似品との比較についてまとめました。

SUOのアイスリングはデザイン性やサイズ展開もあり、とても人気を集めています。

18℃と28℃の違いは、凍結温度や冷えの感じ方などがあり、使用するシーンによって使い分けることができます。

SUOのアイスリングと類似品との違いは大差はありませんが、サイズやデザイン、価格など異なる点があります。

コストパフォーマンスやデザイン性など、選ぶ基準は人それぞれですが、お好みのアイスリングが見つけられるといいですね(^^♪

最後までご覧くださってありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる