リトグリ卒業はなぜ?芹奈とまなかの脱退理由はいじめや不仲ではない!

実力派女性ボーカルグループ「Little Glee Monster」。
現在5人で活動していましたが、休養中だった芹奈とmanakaが突然卒業を発表しました。

この記事を読まれている方はこのような疑問をお持ちではないでしょうか。

芹奈とまなかはなぜ脱退?
リトグリは不仲?

この記事を読むことで以下のことがわかります
  • リトグリ芹奈とmanakaの卒業理由
  • リトグリの不仲説の真相
目次

リトグリメンバーが3人に!芹奈とまなかが卒業

Little Glee Monster(リトル グリー モンスター)は、2012年7月に結成しています。

ソニー・ミュージックレコーズとワタナベエンターテインメントが共同プロジェクトとして、
世界で活躍する女性ボーカリストの原石を目的とした「最強歌少女オーディション」を実施しました。

そのプロジェクトで結成されたのが、
リトルグリーモンスターです!

ただ2022年7月15日、
メンバーである芹奈とmanakaが2022年7月24日をもって卒業することを公式サイトで発表しています。

体調不良で休養中だった二人の復帰を待ち望んでいたファンも多くいた中で、
突然の卒業発表にSNS上では、驚きの声が隠せません。

芹奈の卒業理由は方向性の違い

芹奈は、2020年12月頃から体調不良により、
活動休止と復帰を繰り返しながら活動
していました。


体調不良の理由は、
「双極性障害」「ADHD」と公式サイトから発表されています。

双極性障害では、ハイテンションで活動的な躁状態と、憂うつで無気力なうつ状態を繰り返します。躁状態になると、眠らなくても活発に活動する、次々にアイデアが浮かぶ、自分が偉大な人間だと感じられる、大きな買い物やギャンブルなどで散財するといったことがみられます。

双極性障害-厚生労働省


双極性障害の治療期間は、
平均約1年と言われております。

さらに芹奈はADHDも発症していたことから、
復帰のタイミングの目途が立ちにくい状況でした。

本人としては、
もちろん復帰したい気持ちがあったと思いますが、早く治さないといけないという焦りからプレッシャーを感じてかもしれませんね。

芹奈の卒業コメントは下記です。

【芹奈 卒業コメント】

リトグリとしての夢も叶えることが出来ました。

だからこそ…ここ数年は
私はどこに向かっているのか、

どうなっていくのかという不安、ズレを感じるようになりました。

(中略)

だからこそ、これからも私は

歌うこと、表現していくことは決してやめません。

私の事を好きでいてくださる皆様に

また、必ず恩返しがしたい。

Little Glee Monsterに関する大切のお知らせ



卒業コメントから活動停止と復帰の繰り返しをしていたことで、
自分自身を見つめ直し「
音楽の方向性が違う」と感じ、卒業に踏み切った可能性が高いです。

manakaの卒業理由はソロ活動とプロデュースに専念

manakaは、2022年3月頃突発性難聴により休養していました。

突発性難聴は、突然、耳の聞こえが悪くなり、耳鳴りやめまいなどを伴う原因不明の疾患です。
40~60歳代の働き盛りに多くみられ、ストレスや過労、睡眠不足、糖尿病などがあると起こりやすいことがわかっています。

突発性難聴について-eヘルスネット


突発性難聴の治療期間は、
約1~2週間と言われておりますので、manakaは完治されていると思われます。

本人の卒業コメントで、
「改めて自分にとっての音楽を考え続けて、たどり着いた決意です。」という部分から、
メンバーとの方向性の違いが大きかったのではないかと推測できます。

【manaka 卒業コメント】
休養をいただき立ち止まってみて、
改めて自分にとっての音楽を考え続けて、たどり着いた決意です。

これからは個人で音楽により深く向き合っていきたいと思っています。


Little Glee Monsterに関する大切のお知らせ


このコメントだけでは、
はっきりとした卒業理由が分からない部分がありますよね。

ではmanakaの本当の卒業理由は何でしょうか?

調査してみました!

①ソロ活動に専念

本人の卒業コメントの中に、
「個人で音楽により深く向き合っていきたい」と発表しています。

グループで活動するよりも、
ソロ活動すること気持ちが強くなったのではないかと思います。



また、ファンからも元々ソロ活動をしたかったのでは?と言われています。

②プロデュース側での活動

2021年ソロプロジェクト「cat march」で、
自分で作詞作曲した楽曲をリリースするという企画がありました。

その時に、コメントしていた内容が下記です。

もともと自分自身が好きなものがしっかりあったので、いつか作詞作曲も含めて、自分で楽曲を作って歌うことをやっていきたいという思いがずっとあったんですね。

Real Sound


コメントから脱退したことにより、
今後プロデュース側に力を入れていく可能性も高いですね。

リトグリは結成当時7名だった

今回の卒業発表前は5人グループとして活動していましたが、
実は結成当初、7人で活動していました!

過去に脱退したメンバーは、
LINA(吉村LINA)、YUKA(坂本有香)、麻珠(荒井麻珠)の3人です。

脱退した理由は、個人でそれぞれ違います。

・一身上の都合(LINA)
・理由不明(YUKA)
・自分のペースで音楽について様々な勉強をしたい(麻珠)

リトグリの不仲説やいじめは本当?

リトグリは今回の卒業以外にも過去に3人脱退していることから、
「不仲なのでは?」「いじめがあるの?」という噂が出ています。


初期メンバーの人数から、
どんどん減っていっているので、仲が悪いのではと思ってしまいますよね。

リトグリのメンバーは、
ソロ活動をしていたこともあり、結成当時はお互いライバル意識していた時期もあったので、
グループで衝突することもあったと思います。

ただファンの声を聞くと、
メンバー同士で休日遊んだり、お互いのインスタに登場したりすることもあったので、仲が良いとは言われています。



いじめがあったかどうかは本人達にしか分からないことですが、
長期的なメンバーだった芹奈とmanakaは不仲が原因で脱退したとはあまり考えられないのではないでしょうか。

まとめ

リトグリの芹奈とmanakaの脱退理由について調査してみました。

元々体調不調で活動休止していた二人ですが、
活動停止している中で、
今後の音楽活動を考え今回の卒業に至った可能性が高いです。

本当の脱退理由は、不仲だったからでは?と言われてますが、
長年のメンバーとして活動していたこともあり、いじめや不仲が原因での脱退ではないかと思います。

これからもグループやソロをそれぞれ応援していきたいですね^^

最後までご覧いただきまして、有難うございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる