耳をすませば実写はなぜチェロ奏者?セロに変更した理由を調査

人気ジブリアニメ「耳をすませば」の実写映画が、2022年10月14日(金)から公開となりますね!

ジブリアニメでは、登場人物である天沢聖司はバイオリンを演奏しているのに、実写版では、バイオリンではなく、チェロを演奏しています。

ポスターや予告映像を見て、気になった方もいるのではないでしょうか?

この記事を読まれている方はこのような疑問をお持ちではないでしょうか。

耳をすませばの実写で聖司くんはなぜチェロ奏者になってるの?
何か理由はあるの?

この記事を読むことで以下のことがわかります
  • 耳をすませば実写版天沢聖司がチェロ奏者になっている理由
目次

耳をすませば実写映画なぜチェロ奏者に?

人気ジブリアニメ「耳をすませば」の実写映画は、2022年10月14日(金)に公開されます♪

主人公の天沢聖司を松坂桃李さん、月島雫役を清野菜名さんがつとめます!

解禁されたポスターや予告映像で気づいた方もいると思いますが、実写映画では、天沢聖司はチェロ奏者になっています。

ジブリアニメでは、天沢聖司はバイオリン職人を目指し、自身もバイオリンを演奏する少年でしたよね。

一体なぜチェロ奏者になっているのでしょうか?

考えられるいくつかの理由を、まとめていきたいと思います!

ビジュアルの問題?

まず考えられるのは、見た目の問題です。

実写映画のポスターには、バロンの背中越しに、チェロを演奏する聖司と雫が描かれていますね。

バイオリンに比べて、チェロは大きく存在感があります。

聖司、雫、バロン、チェロ、この構図がとても魅力的に見えることから、より大きく形も魅力的なチェロになったというのも考えられるのではないでしょうか。

チェロの音色

「耳をすませば」実写映画は、主人公2人の10年後のストーリーが描かれています。

ジブリアニメより大人になった2人の心情を表すのに、低音が魅力のチェロの方が、ストーリーに合うからという理由も考えられますね。

チェロの音色は、低音が魅力的で、力強く深く、心に響きます。

チェロの音色が、ストーリーにより深みを出してくれるのかもしれません。

松坂桃李さんのイメージ

主人公・天沢聖司を演じる松坂桃李さんは、2015年に公開された「マエストロ!」という映画で、バイオリン奏者の役を演じています。

当時、撮影に向けて、かなりバイオリンの練習をされたそうで、見事に演じきられていました!

しかし、また「耳をすませば」でバイオリン奏者の役となると、「マエストロ!」とイメージが被ってしまうことも考えられますね。

松坂桃李さんのイメージが被ってしまわないように、バイオリンからチェロに変更されたのかもしれません!

松坂桃李さんが出演されている「マエストロ」はU-NEXTで配信されていますす。

\ 無料登録で600円分ポイントもらえる /

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

ジブリアニメと実写版を別作品と捉える

そもそも「耳をすませば」は、元々1989年に少女漫画「リボン」で連載されていた漫画作品が原作なんです。

原作の「耳をすませば」では、主人公・天沢聖司は、画家になることを目指しています。

実は、原作はバイオリンではなかったんですね。

それが、ジブリアニメでは、天沢聖司の夢はバイオリン職人に変更されているんです。

今回の実写版は、主人公2人の10年後の姿、原作やアニメにはないオリジナルストーリーが描かれます。

なので、実写映画は”実写化”ではなく、原作やジブリアニメが基にされた、また別の作品と捉えられている可能性もあるのではないでしょうか。

集英社
¥792 (2022/06/01 00:25時点 | Amazon調べ)

まとめ

人気ジブリアニメの実写映画「耳をすませば」が、2022年10月14日(金)から公開されます。

主人公の天沢聖司がチェロ奏者になったのは、様々な理由が考えられると思います。

・チェロのビジュアルが存在感がある
・チェロの音色がストーリーを引き立たせる
・天沢聖司を演じる松坂桃李さんのイメージ
・そもそも、原作やアニメとは別作品

などがあるのではないでしょうか。

“チェロ”というところに、何か制作側の意図があるのか、真相は明らかではないですが、作品を見ると、もしかしたらチェロに込められた意味も分かるかもしれないですね!

そんな事を考えながら映画を見るのも、また面白いかもしれません。公開が楽しみです♪

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる