WADADAとは?意味は韓国語の擬音語!Kep1erのデビュー曲

ガールズオーディションで勝ち抜いた日韓中のガールズグループKep1er(ケプラー)のデビューシングル「WADADA(ワダダ)」が発売されましたね。

どんなデビュー曲になるのか待ちに待っていた方も多いはずです。
タイトルを聞いたときに「?」となったのではないでしょうか。

この記事を読まれている方はこのような疑問をお持ちではないでしょうか。

Kep1erのデビュー曲なんて読むの?
WADADAってどういう意味?

なんて読むのか、なんて発音するのか気になるところかと思いますし何よりどんな意味なのでしょうか。

この記事を読むことで以下のことがわかります
  • Kep1erのデビュー曲の読み方発音の仕方
  • WADADAの意味について
目次

韓国語で「来た」という意味

韓国語で「来た」という意味で「왔다(ワッタ)」という言葉があります。

次に説明する擬音語と同じ意味になってしまいますが「やって来た」という意味で

オーディション番組を経て、Kep1erがやっとみんなの元に「やって来たよ~」ということなのではないかと当初言われていました。

韓国語の擬音語で駆けつけるときの音

公式に発表されている意味は韓国語の擬音語で駆けつけるときの音としての意味です。

日本語でいうサササ!とかドドド!みたいな感覚でしょうか。
擬音語は国によっていろんな表現になるので面白いですよね。

たとえとして有名なのは犬の鳴き声ですよね、日本語では「わんわん」英語では「バウワウ」韓国語では「モンモン」というのです。

駆けつけるときの韓国語の擬音語は「ワダダ」ということなんですね!

「#kep1eriswadadatoyou (kep1er is wadada to you.)」とデビュー時にはハッシュタグがついていたので

Kep1erがファンたちのもとにワダダっとやって来たよということでしょうか♪

Kep1erが誕生したオーディション番組ガールズプラネット999を見るならABEMAです!

過去の放送回や全番組が見放題!
地上波NGの番組もたくさん見ることができます♪

ABEMAは2週間無料体験ができるので、その期間内であれば無料で視聴できます!

\簡単5分で登録完了/

/解約もオンラインで完結\

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

上を目指して人気になるという意味も!

駆けつけるという意味から飛躍して「駆け上がっていく」「人気になっていく」という意味を含んでいるのではないかとも考えられています。

エネルギッシュな力強さを感じられる曲調であることからデビュー曲にはピッタリですよね。

ワダダっと駆けつけ、駆け上がり、上を目指していく、つまり人気になっていくという意味かもしれません。

Kep1erを応援するファンにとっては駆け上がり人気になってほしいのでこのような意味があってもうれしいですよね。

エチオピア語で「愛」という意味

WADADAのリリースが決まり、まだそのタイトルの意味が明らかになっていないときにファンの間でエチオピア語からきているのではないかと盛り上がっていました。

WA DA DA はエチオピア語、アムハラ語で「愛」や「愛している」という意味で使われて、「こんにちわ」「さようなら」というような愛を込めた挨拶としても使われているようです。

仲間や家族に対して愛やリスペクトを表す言葉なんです。

公式にはこの件については言及されていないですが、この意味も素敵だなと思い掲載しました。

まとめ

Kep1erのWADADAというタイトルの曲の意味について深堀してみました。
ファンの間ではいろいろな意味が考察されていましたが韓国語で駆けつけるときの擬音語として「ワダダ」という言葉が使われているんですね♪

駆けつけるという意味から飛躍して駆け上がって人気の頂点を目指してほしいというファンの思いがのっているのも素敵なことではないでしょうか。

これからの活躍が楽しみですね。

最後までご覧くださりありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる