WADADAダンスの振付師は誰?Kep1erコンセプトに合っていない!?

Mnet主催の巨大オーディションで勝ち抜いた日韓中メンバーのガールズグループのKep1er(ケプラー)が大人気ですね。

ビジュアルも実力も兼ね備えた新進気鋭のメンバーひとりひとりの魅力が炸裂しています。

デビュー曲である「WADADA(ワダダ)」の振り付けが可愛いくてかっこよくて真似する人が増えていますよね♪

この記事を読まれている方はこのような疑問をお持ちではないでしょうか。

WADADAの振り付けは誰が担当したの?

WADADAのダンスは誰が担当されたのでしょうか。
Kep1erのコンセプトに合ってないという声もあがっています。

MVSKの振り付けについても一緒に調査してみました。

この記事を読むことで以下のことがわかります
  • WADADAの振付師チェダソムさんについて
  • MVSKの振付師について
目次

Kep1erデビュー曲WADADAの振り付け担当はチェダソム

デビュー曲WADADAの振り付けを担当しているのは韓国KPOPでかなり有名なチェダソムさんです。
채다솜(chaedasom)と表記します。

チェダソムさんはfreemindというダンスチームに所属しており有名アーティストの振り付けを多数担当しています。

IVEやIZONE、宇宙少女など数多くのガールズグループの振り付けをされてきました。
IZONEについてはすべての楽曲について担当しています。

IZONEはPRODUCE48というオーディション番組で誕生したガールズグループですが、そのオーディション番組に登場したダンスの先生でチェヨンジュン先生の後輩がチェダソムさんなんですね。

チェヨンジュンさんはTWICEやSEVENTEENのダンスを手掛けている超有名な先生であり、つづいてチェダソムさんも数々誕生するガールズグループの振り付けをするようになりました。

WADADA振り付けデモバージョン公開

韓国の多くの振り付け師さんは担当した振付をデモ映像としてYouTubeチャンネルにアップしています。
チェダソムさんが所属するfreemindのダンサーさんたちが踊るWADADAがこちらです。

Kep1erのメンバーが踊るのとまた違うイメージがありますよね。
それにしても9人の動線を考えて構成したりメンバーそれぞれの魅力を引き出せるように作られているのって神業ですよね。

チェダソムさんは最大12人メンバーのダンス振り付けをしたことがあるようです。
いろいろなガールズグループが存在しますがコンセプトに合うように作られているのは驚きです。

ちなみにダンサーや振付師がこのようにYouTubeにデモ映像をアップするのは決してメンバーよりダンスが上手いとかそうゆう主張をするわけではなく、振付師のポートフォリオとしてアップしています。

YouTubeを見た方から仕事のオファーをいただくこともあるそうです。

現在のKPOP界隈ではチェダソムさんが振り付けしてれば間違いないと言及されるほど売れっ子の振り付け師なんです♪

MVSKの振り付けはガールズプラネットのダンスマスター

WADADAはあまりコンセプトに合っていないのではないかという声があがっています。
このことについては収録曲であるMVSKについて一緒に調査してみました。

Kep1erのタイトル曲はWADADAですが収録曲であるMVSKについては彼女たちが誕生したオーディション番組であるガールズプラネット999のダンスマスター(ダンスの先生)として登場した2人が振り付けを担当しています。

WADADAに比べるとセクシーな要素が満載の楽曲ですよね。

オーディション番組を視聴していた方はこのジュヒさんグヨンさんコンビを見るとなぜか安心しませんか?

WADADAよりMVSKのほうがKeplerらしいなんて声があがっているのは、オーディション番組から彼女たちを指導して応援してきた2人だからこそできた振り付けだからかもしれませんね♪

kep1erが誕生した巨大オーディション番組見たことない方はぜひ誕生を見届けてほしいです★
ダンスマスターにも注目して見返してみるのもいいですよ♪

ガールズプラネット999を見るならABEMAです!

過去の放送回や全番組が見放題!
地上波NGの番組もたくさん見ることができます♪

ABEMAは2週間無料体験ができるので、その期間内であれば無料で視聴できます!

\簡単5分で登録完了/

/解約もオンラインで完結\

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

まとめ

Kep1erのテーマ曲であるWADADAの振り付けについて深堀してみました。
振付を担当しているのはKPOPガールズグループの多くを手掛けるfreemind所属の振付師であるチェダソムさんでした。

TWICEやSEVENTEENの振り付けを担当しているチェヨンジュンさんの後輩にあたり、IZONEやIVEなどの振り付けも担当されている方です。

収録曲MVSKのほうがコンセプトに合っているという声があがっているのは、MVSKの振り付けを担当したのがオーディション番組ガールズプラネットのダンスマスターだったからだと考えます。

WADADAではまた違った印象の彼女たちを見ることができるのでそれはそれで素敵なことではないでしょうか。

最後までご覧くださりありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる