YOASOBI「好きだ」原作小説「ヒカリノタネ」あらすじ&ネタバレ紹介

小説をもとに楽曲を作る音楽ユニット「YOASOBI」。
年齢を問わず幅広い世代から支持されており、TVやSNSで目をしない日はないほど人気を誇っています。
今回YOASOBIは直木賞作家とコラボレーションするプロジェクトを企画し、今回第2弾楽曲「好きだ」を5月30日に配信することが決定し注目されています。

この記事を読まれている方はこのような疑問をお持ちではないでしょうか。

「好きだ」とはどんな曲?
「好きだ」の原作小説は?

この記事を読むことで以下のことがわかります
  • YOASOBIと直木賞作家とのコラボ作品
  • 「好きだ」の原作小説「ヒカリノタネ」あらすじとネタバレ考察
目次

YOASOBIの直木賞作家とのコラボ作品

小説を元に音楽を作る「YOASOBI」が直木賞作家とコラボレーションした企画が2022年始動しました。


今回コラボする作家は、
島本理生、辻村深月、宮部みゆき、森絵都の4名です。

「はじめての」という小説は、各作家が「はじめて〇〇したときに読む物語」をテーマに小説を執筆し、執筆した小説を元にYOASOBIが表現し、曲を作り上げていく流れとなっています。

  • 島本理生「私だけの所有者」―はじめて人を好きになったときに読む物語
  • 辻村深月「ユーレイ」― はじめて家出したときに読む物語
  • 宮部みゆき「色違いのトランプ」― はじめて容疑者になったときに読む物語
  • 森絵都「ヒカリノタネ」― はじめて告白したときに読む物語
著:島本 理生, 著:辻村 深月, 著:宮部 みゆき, 著:森 絵都
¥1,760 (2022/05/30 10:59時点 | Amazon調べ)


第1弾楽曲は「ミスター」という曲で、
2022年2月16日に配信スタートしております。

この楽曲は島本理生氏による書き下ろした小説をもとにしています。

「好きだ」の原作小説は「ヒカリノタネ」

YOASOBIがコラボレーションした企画の第2弾「好きだ」は、
森絵都氏の書き下ろした「ヒカリノタネ」という小説をもとに作曲しています。


森絵都氏は「好きだ」の楽曲について下記のコメントを発表しています。

「好きだ」のタイトル通り、曲全体から告白前のドクドクとした鼓動が伝わってくるようで、「心から誰かを思うこと」のまぶしさに胸が躍りました。

小説から元気よく飛びだしてきたような女の子の惑いや気づき、そして決意に至る道筋が、短い歌詞世界の中に色濃く焼きつけられていることに驚いています。

耳の奥でいつまでも鳴りやまない伸びやかなメロディと歌声は、世界中の片思いへの力強い祝福だと思います。

NOVEL INTO MUSIC | YOASOBI

「ヒカリノタネ」あらすじ

主人公である高校生の由舞は、
幼馴染の椎太が好きでたまらない存在です。


四回目の告白を確実にするため、
過去の告白を消し去ろうとするタイムトラベルするファンタジーな小説となっています。

「ヒカリノタネ」ネタバレ考察

「ヒカリノタネ」は、幼馴染に恋する女子高生のストーリーの構成となっています。

ただそこにタイムトラベルというSF要素と主人公の成長過程もあり、起承転結がはっきりしており読んでいてとても読みやすい内容です!

また、SNS上では「4作品の中で1番お気に入り」といった高い評価があがっています!



そんな高評価な「ヒカリノタネ」とはどんな作品になっているのでしょうか。

ストーリーをネタバレをしていきます!

主人公の「由舞」とは

主人公の高校2年生の由舞は、
大好きな幼なじみの椎太に告白するかどうか悩んでいました。

過去に3回(小1・小6・中2)告白をしているので、もし今回告白するとなると4度目になります。

友人のヒグチに告白の相談をすると、
恋が実る可能性は低いけど頭を冷やすために当たって砕けろというアドバイスを受けます。

相談するうちに4度告白することは、
相手にとって初々しさがないことを感じます。

3度告白してしまった「過去の自分」に対して後悔し始めます。

「蒔野」とはどういう人物

「蒔野」はヒグチが由舞にタイムトラベルの手伝いをしてくれる人として紹介しました。

なんとかアポをこじつけることが出来、
2人はとある高層マンションで蒔野に会うことが出来ました。


最初話を聞いた時は、
半信半疑だった由舞でしたが、どんどん説明を聞いていくうちにタイムトラベルの存在を確信していきました

タイムトラベルを実行するが…?

由舞は蒔野の話を聞き、
「過去に実行した告白をなかったことにする」ためにタイムトラベルすることを決意します。

蒔野の施術で過去へタイムトラベルを実行し、
告白した時期へ戻り阻止することに成功します!

決意した「過去に実行した告白をなかったことにする」が叶い喜んでいいはずなのに、
なぜか由舞の目から涙が出てしまいます。


涙が出てしまう理由は、「未来が変わってしまうのでは」と恐れていたのでした。

なんと告白を阻止できていなかった!

タイムトラベルから戻ってきた由舞でしたが、
本人が恐れていた変わった世界はなく、
タイムトラベルに行く前と何も変わらない世界がありました。


それを確信づけたものは、「柿ピー」「ワンピース」「バレーボール」が変わらずに存在していたからです。

タイムトラベルから戻ってきた世界を調べてみると、タイムトラベルで阻止出来た告白の直後、由舞は死に物狂いで椎太への告白していたことが発覚します!


今回タイムトラベルをして告白を阻止しても、
自分の気持ちに素直に行動していた由舞は自分に感謝します。

そして、4度目の告白を心に決め放課後学校の屋上に呼び出すことにしました。

まとめ

5月30日にYOASOBIが公開する「好きだ」について調べてみました。

小説を元に楽曲作りを行っているYOASOBIのファンにとっては、直木賞作家とのコラボレーションはどのような歌が出来るのかとても楽しみです!

今回の「好きだ」は第2弾楽曲となるので、
残りの楽曲発表も期待度が高まります。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる